ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 税務課 > 新築(増築)家屋の家屋調査を実施しています

本文

新築(増築)家屋の家屋調査を実施しています

印刷ページ表示
<外部リンク>
記事ID:0001555 更新日:2021年1月25日更新

家屋調査の実施

新築または増築された家屋(住宅、店舗、倉庫、車庫など)に係る固定資産税については、翌年度よりその家屋の所有者に課税されます。そのため、適正な税額の算出を行うために、所有者様立ち合いのもと、職員2名による現地調査を実施しています。
調査内容として、建築図面等を確認して、室内(天井、内壁、床等)、設備(風呂、キッチン、トイレ等)、家屋の外回り(屋根、外壁、基礎等)等を確認します。都合により、図面等をお借りする場合があります。

※新型コロナウイルス感染予防を考慮して、当面の間は現地調査を中止し、書面による調査を実施しています

ご用意いただく書類

  • 平面図、立面図(間取りや寸法が明記されているもの)
  • 建物の仕上げ表(建物の仕様がわかるもの)
  • 建築確認申請書類
  • 家屋の請負契約書(売買契約書等)
  • 長期優良住宅認定通知書(※該当家屋のみ)
  • 太陽光発電設備の発電量等わかる書類(※該当家屋のみ)

調査時間

約50分

調査時期

家屋調査は、例年夏頃から該当者に随時連絡し、実施していますのでご協力をお願いいたします。
また、未登記の家屋を新築や増築及び滅失した場合は、速やかに届出をお願いします。