ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 総務防災課 > 職員訓練(AED講習会)を実施しました

本文

職員訓練(AED講習会)を実施しました

印刷ページ表示
<外部リンク>
記事ID:0008775 更新日:2022年6月2日更新

令和4年5月25日(水曜日)プリズムへぐりにおいて、新規採用職員を含む町職員を対象に、奈良県広域消防組合西和消防署北分署より講師をお招きし「AED講習会」を開催しました。

実施の目的

防災意識の向上と救命活動への取組み

この訓練は、職員20名が「AED」の使用知識の習熟と心肺蘇生法等、円滑な救助活動を目的として実施しました。
今回の講習会を通して、職員の防災意識の向上また発災時のみならず通常業務中でも万が一、有事の際は、この経験を活かし救命活動に取り組めるよう努めます。

2222

 

1111

AEDとは

Automated External Defibrillatorの略称で、日本語では、自動体外式除細動器と言います。除細動とは、不整脈などによって心臓がけいれんしている状態に対して電気ショックを行い、心臓を正常な動きに戻すことを指します。

よく「止まった心臓を動かすもの」と誤解されがちですが、正しくは「けいれんした心臓を電気ショックで一時静止させ、通常の拍動の再開を促すもの」です。

この除細動を、一般市民(非医療従事者)でも簡単に使用できるようにした機器がAEDになります。