ホーム > おしらせ

障害年金を受給しているひとり親家庭の方は、児童扶養手当を受給できる可能性があります

児童扶養手当は、父又は母と生計を同じくしていない児童(注)や、父又は母が重度の障害の状態にある児童が養育されている家庭の生活の安定と自立を助け、児童の健全育成を図ることを目的として、児童の母又は父や母又は父に代わってその児童を養育している人に支給される手当です。

「児童扶養手当」の一部改正により、令和3年3月分(令和3年5月支払)から障害年金を受給している方の「児童扶養手当」の算出方法が変わります。
上記の改正により、障害年金を受給しているひとり親家庭の方は、児童扶養手当を受給できる可能性があります。なお、児童扶養手当の受給には申請が必要です。
(注)児童:18歳に達する日以降最初の3月31日までの間にある者。児童の心身に、政令で定める程度の障害がある場合は20歳まで。

  • 見直しの内容
    現在、障害年金を受給しているひとり親家庭は、障害年金額が児童扶養手当額を上回る場合は、児童扶養手当が受給できません。
    令和3年3月分から、児童扶養手当の額と障害年金の子の加算部分の額との差額を児童扶養手当として受給することができるようになります。

  • 手当を受給するための手続き
    福祉こども課へ児童扶養手当を受給するための申請が必要です。
    ただし、すでに児童扶養手当受給資格者として認定を受けている方は申請不要です。
    (注)令和3年3月1日より前であっても、事前申請は可能です。
    (注)令和3年3月1日に支給要件を満たしている方は、令和3年6月30日までに申請すれば、令和3年3月分(令和3年5月支払)の手当から受給できます。

  • 必要書類(状況に応じて、追加する可能性があります)
    • 戸籍謄本(全部事項証明書)
    • 振込先がわかるもの(通帳・キャッシュカードなど)
    • 申請者・対象児童・扶養義務者の個人番号がわかるもの(個人番号カード、通知カードなど)
    • 申請者・対象児童の健康保険証
    • 年金受給額のわかるもの(年金決定通知書など)

    リーフレット(PDF:367キロバイト)

<問合せ先>
福祉こども課(本庁1階)
電話番号 45-5872(内線346)
おしらせ