ホーム > 新着情報

特定外来生物「ヒアリ」について

ヒアリは、いままで日本では発見されていませんでしたが、6月以降、茨城、東京、神奈川、愛知、兵庫、大阪で見つかっています。もし「ヒアリ」と思われるアリを見つけても、決して近づかないでください。

ヒアリの特徴
  • 体長は2.5ミリメートルから6.0ミリメートル程度
  • 全体は赤茶色で腹部が黒っぽい赤色
  • 強い毒性を持ち、刺されると火傷のような激しい痛みが生じます。
  • 大きなアリ塚を作ります。


症状
  • 軽度
    刺された瞬間は熱いと感じるような、激しい痛みを感じます。やがて、刺された痕が痒くなります。その後、濃がでます。
  • 中度
    刺された部分を中心に腫れが広がり、部分的、又は全身にかゆみをともなう発疹(じんましん)が現れる事があります。
  • 重度
    息苦しさ、声がれ、激しい動悸やめまいなどを起こすことがあり、進行すると意識を失うこともあります。これらの症状がでた場合には重度の即時型のアレルギー反応「アナフィラキシー」である可能性が高く、処置が遅れると生命の危険を伴います。

対処方法
【刺された直後】
20分から30分程度は安静にし、体調に変化がないか注意してください。
軽度の症状のみで症状が悪化する様子がなければ、ゆっくりと病院を受診しても大丈夫です。
【容体が急変した場合】
体質によっては、重度の症状となる場合があります。容体が急変したときは救急車を要請するなど、すぐに医療機関を受診してください。その際、「アリに刺されたこと」「アナフィラキシーの可能性があること」を伝え、すぐに治療してもらってください。

もし、「ヒアリ」を見つけたら
町内では発見されておりませんが、「ヒアリ」と思われるアリを見かけた場合は、決して素手で触れたりせず、環境省 近畿地方環境事務局(電話番号06-4792-0706)までお問い合わせください。
ヒアリの特徴
> 近畿地方環境事務所
> 環境省資料「ストップ・ザ・ヒアリ」(ヒアリの特徴・生態・駆除方法・刺された時の対処方法等の参考)

新着情報