平成18年度当初予算

平成18年度当初予算が決まりましたので一般会計を中心に概要をお知らせします。一般会計では、歳入(収入)で、町税が定率減税の見直しや税制改正による影響により増収の見込み、地方譲与税が税源移譲により増加となる一方、地方交付税、国庫支出金が国の「三位一体改革」等の影響により大幅な減少、繰入金が、財政調整基金の残高の減少により大幅な減少となっています。
歳出(支出)では、扶助費が、児童手当制度の拡充、障害者福祉などの制度改正により増加、公債費が、平成17年度に行った公債費の借換えによる影響で大幅な減少となっています。特別会計では、国民健康保険特別会計が、近年の医療費の大幅な伸びの影響、介護保険特別会計が、介護保険法の大幅な改正などによりそれぞれ増加しています。
平成16年度の大幅な赤字、また、今後の厳しい財政見通しを踏まえ、平成16年度に策定した『平群町行財政改革大綱(財政健全化計画)』等に基づき、昨年度に引き続き職員給与の削減などの人件費の抑制や、新規事業の凍結、延期など様々なコスト削減の措置を講じつつ、なお不足する財源については、臨時財政対策債(赤字地方債)の発行や、公有財産の処分等の措置により収支の均衡を図るなどきわめて厳しい緊縮型予算となっています。このような大変厳しい財政状況となっている中でも、「安全でみどり豊かなふるさと平群」を目指すことを基本に、町の将来展望をもって、「行財政改革」を推進し、住民サービスの向上、活力あるまちづくりのため、重点施策である平群駅周辺整備事業や都市計画マスタープランづくりなど下記の主要なまちづくりの諸施策については可能な限り予算額の確保に努めました。

平成18年度 一般会計・特別会計 当初予算
区分
平成18年度
当初予算額
対前年度
増減額
増 減 率
(%)
一般会計 58億円 △4億8,000万円 △ 7.6



住宅新築資金等貸付事業 9,181万円 △422万円 △ 4.4
国民健康保険特別会計 18億2,000万円 1億 300万円 6.0
老人保健特別会計 17億4,200万円 △5,200万円 △ 2.9
簡易水道事業特別会計 0円 △2億2,956万円 皆減
下水道事業特別会計 3億5,900万円 △2億1,130万円 △ 37.1
農業集落排水事業特別会計 2億 330万円 2,330万円 12.9
学校給食費特別会計 7,241万円 △198万円 △ 2.7
介護保険
特別会計
(保険事業勘定) 10億4,767万円 1億 198万円 10.8
(介護サービス事業勘定) 962万円 962万円 皆増
奨学資金貸付事業 48万円 △9万円 △ 15.8




水道事業収益 5億4,270万円 △307万円 △ 0.6
水道事業費用 5億3,951万円 △192万円 △ 0.4
資本的収入 687万円 △5,735万円 △ 89.3
資本的支出 5,067万円 △5,698万円 △ 52.9

平成18年度 一般会計 歳入
区分
平成18年度
当初予算額
対前年度
増減額
増 減 率
(%)
町税 20億 9,061万円 7,165万円 3.5
地方譲与税等 4億6,840万円 4,690万円 11.1
地方交付税 18億2,000万円 △8,000万円 △ 4.2
分担金負担金 5,872万円 1,154万円 24.5
使用料手数料 1億4,021万円 △1,297万円 △8.5
国庫支出金 1億3,348万円 △6,503万円 △ 32.8
県支出金 2億1,401万円 1,163万円 5.7
財産収入 4億 304万円 △1億8,323万円 △ 31.3
繰入金
1,043万円 △2億5,801万円 △ 96.1
町債 4億 960万円 △2,020万円 △ 4.7
その他 5,150万円 △228万円 △ 4.3
合   計 58億円 △4億8,000万円 △ 7.6

一般会計 歳入 構成比

平成18年度 一般会計 歳出(目的別)
区分
平成18年度
当初予算額
対前年度
増減額
増 減 率
(%)
議会費 1億1,234万円 △391万円 △ 3.4
総務費 7億6,743万円 △3,314万円 △ 4.1
民生費 15億 852万円 1,575万円 1.1
衛生費 6億4,777万円 △6,473万円 △ 9.1
農林水産業費 1億 994万円 86万円 0.8
商工費 2,373万円 △229万円 △ 8.8
土木費 5億1,431万円 △6,002万円 △ 10.5
消防費 2億3,097万円 △506万円 △ 2.1
教育費 7億5,221万円 1億2,080万円 19.1
公債費 11億1,081万円 △4億5,453万円 △ 29.0
その他 2,197万円 627万円 39.8
合   計 58億円 △4億8,000万円 △ 7.6

一般会計 歳出(目的別) 構成比

平成18年度 一般会計 歳出(性質別)
区分
平成18年度
当初予算額
対前年度
増減額
増 減 率
(%)
人件費 16億5,936万円 △1,451万円 △ 0.9
扶助費 3億7,433万円 5,801万円 18.3
公債費 11億1,080万円 △4億5,453万円 △ 29.0
普通建設事業 4億5,906万円 8,173万円 21.7
物件費 10億4,789万円 △6,480万円 △ 5.8
維持補修費 748万円 267万円 55.5
補助費等 4億4,722万円 △968万円 △ 2.1
積立金 434万円 △709万円 △ 62.0
繰出金 6億6,259万円 △8,002万円 △ 10.8
その他 2,693万円 822万円 43.9
合   計 58億円 △4億8,000万円 △ 7.6

一般会計 歳出(性質別) 構成比

平成18年度では下記の主なまちづくりの事業に取り組みます。

◆総務費
・自家発電装置設置事業 1,624万円
役場本庁舎に自家発電装置を設置し、防災体制の充実強化を図ります。

・防災行政無線設置事業 378万円
緑ヶ丘に防災行政無線を設置し、地域の防災施設の充実を図ります。

・町長選挙費 1,032万円
平成19年1月実施予定。

◆民生費
・障害者福祉計画策定業務 500万円
障害者福祉制度など改正に伴い、障害者福祉計画の見直し、策定業務を行います。

◆衛生費
・ごみ減容器等補助事業 43万円
ごみ処理機の購入補助を行い、廃棄物減量対策を推進します。

◆農林水産業費
・里山林整備事業    52万円
荒廃した里山林の整備を行い、まちの環境保全を図ります。

◆土木費
・都市計画マスタープラン策定業務 693万円
平群町の将来のまちづくりためのマスタープランづくり進めます。

・木造住宅耐震診断支援事業 40万円
国、県補助金を活用し、木造住宅の耐震診断の助成事業を行います。

・平群駅周辺整備事業1億3,241万円
土地区画整理組合の設立、認可、事業の推進を図ります。

◆消防費
・消防水利施設整備事業 160万円
消火栓の整備を行い、消防施設の充実を図ります。

◆教育費
・中学校大規模改造事業 609万円
中学校校舎の耐震診断を実施します。

・観光文化交流館(あすのす平群)運営事業 1,498万円
図書館機能の充実や生涯学習事業の実施、支援など、平群の観光・文化・歴史の情報発信の拠点としての施設の充実を図ります。

『平成18年度(主な行財政改革の)取り組み』

・収入役の廃止
・昨年度に引き続き、議会議員の議員報酬、特別職、一般職の給与削減
・スポーツ施設、福祉施設の指定者管理制度の導入による施設の効率化
・民間有識者による平群町の行政全般に対する調査、検討、意見反映
・課の統廃合による行政組織の簡素化
・上記のほか、行財政改革の取り組みをより一層推進します。

※平成18年予算について詳しい内容、金額等を知りたい方は、平群町町役場の情報公開窓口に「平成18年度予算書」を置いておりますので、ご利用ください。