部落差別の解消の推進に関する法律

2016(平成28)年12月16日「部落差別の解消の推進に関する法律」(通称「部落差別解消推進法」)が施行されました。
現在もなお、差別発言や身元調査、インターネット上で差別を助長するような書き込み等の差別事象が依然として発生しており、部落差別が解消されたわけではありません。
この法律は、すべての国民に基本的人権の享有を保障する日本国憲法の理念にのっとり、部落差別のない社会の実現を目的として作られました。条文には、国及び地方公共団体の責務や、相談体制の充実について明記されています。
本町でも、部落差別は許されないものとして、あらゆる機会を通じて部落差別解消の推進に務めていきます。

部落差別の解消の推進に関する法律(PDF:275キロバイト)