ホーム > おしらせ

改元に伴う文書等への元号表記の取り扱いについて

元号を改める政令が平成31年4月1日に公布され、本年5月1日から元号が『平成』から『令和』に改められます。本町が作成、発送する文書における年表示の取り扱いについてお知らせします。



5月1日以降の日付

5月1日以降に本町が作成する文書については、原則として『令和』を使用します。
ただし、すでに印刷が完了しているなど、やむを得ず届出書等の様式に「平成」を使用している場合もあります。
「平成」と表示された期日等については、法律上の効果は変わることがありませんので、「令和」に読み替えていただきますようお願いいたします。



年度表示について

証明書や納税通知書などの文書で「平成31年度」と表示されているものは、「令和元年度」と読み替えていただきますようお願いいたします。



「平成」が表示された文書の効力について

現行の条例、規則及び規定等のほか、すでに施行した契約書、許可証、証明書等の文書で5月1日以降の日付を旧元号の「平成」により表示しているものは、元号が改められることによってもその法律上の効果が変わることはありません。



問い合わせ 総務防災課 電話番号 45-1001