ホームくらしの情報税金 > 個人住民税(町民税・県民税)

個人町・県民税の計算方法と税率

平群町の市町村民税は標準税率を適用して計算されます。
具体的な計算方法は次のようになります。

町民税・県民税額は(A)均等割額たす(B)所得割額

(A)均等割 町民税3,500円 県民税2,000円(奈良県森林環境税500円を含む)
  • 均等割の非課税基準について下記の金額を超えたかたに対して、均等割の課税を行っています。
    • 扶養親族等のいないかた 合計所得が28万円
    • 扶養親族等のいるかた 合計所得が28万円かける(本人たす扶養家族数(注1))たす168,000円
      (注1)扶養家族数:控除対象配偶者、扶養親族及び16歳未満の扶養親族の合計数
      (注2)16歳未満の扶養親族については、扶養控除の対象となりませんが、非課税基準の計算には含みます。
(B)所得割
  • 所得割の計算方法
    (a)総所得金額等ひく(b)所得控除額は(c)課税標準額
    (c)課税標準額かける(d)税率(10パーセントひく(e)税額控除額(調整控除額等)は(f)所得割額
  • 所得割の(d)税率10パーセントの内訳  町民税6パーセント  県民税4パーセント
  • (e)調整控除額の計算方法
    • 課税標準額が200万円以下のかた
      次のいずれか少ない方の金額の5パーセント(町民税3パーセント、県民税2パーセント
      (イ)所得税と住民税の人的控除額の差の合計額
      (ロ)課税標準額
    • 課税標準額が200万円超のかた
      [所得税と住民税の人的控除額の差の合計額ひく(課税標準額ひく200万円)]の5パーセント(町民税3パーセント、県民税2パーセント
      (注3)ただし、2,500円未満の場合は、2,500円
(注4)合計所得が125万円以下の障害者・寡婦・寡夫・未成年者(未婚)に該当するかたは、申告書に記入していただきますと、(A)均等割、(B)所得割ともに非課税になります。

問い合わせ 税務課 電話番号 45-6373