ホームくらしの情報 > 相談

もったいない!食品ロスを減らしましょう!!

■食品ロスとは?
食べられるのに捨てられた食品のことで、日本では年間632万トン※と試算されています。また、年間約2797万トン※もの食品廃棄物が出されており、そのなかの40%以上がまだ食べられるものであるという現状があります。※農林水産省及び環境省(平成25年度推計)
家庭からの食品ロスは年間302万トン※出ており、食品ロス全体の約半分を占めます。
※農林水産省 食品廃棄物利用状況等(平成25年度推計)
■食品ロスの内訳
家庭における食品ロスの原因は、過剰除去、食べ残し、直接廃棄の3つに分けられます。



食品ロスを減らす為にするべきことは、大きく2つあります!
① 日々の調理を見直そう!
食品ロス全体の半分以上が過剰除去によるものです。
食べられるものを廃棄することは、家計における食費の負担を増やすことに繋がります。
例えば、野菜は食べられる部分まで除去されていることが多く、食品ロス率は8.8%※あります。ひと月に野菜を1万円分購入する方なら、月に880円、年間1万円以上捨てていることになります。この捨てた一万円分の食材を効果的に使えば、実質的にその分の食費を節約することが可能です。
例えば大根なら、根の部分以外も調理し、皮をきんぴらに、葉を胡麻和えにし、固くなったパンは、細かく刻みパン粉にするなど、食材を余さず調理することが食品ロスの削減と節約に繋がります。
※農林水産省「食品ロス統計調査・世帯調査(平成26年度)」
② 計画的な買い物をしよう!
食品を購入する前に何を調理するためにいつ、どのぐらい使うか、先に決めてから買い物することで、賞味・消費期限を過ぎることを減らし、食べ残しを減らすことが可能です。当然、節約に繋がります。