ホームくらしの情報 > 相談

消費者行政に関する首長表明

近年、経済社会の複雑な変化に伴い、消費者を取り巻く環境が複雑多様化しています。
中でも少子高齢化や高度情報化の進展に伴い、高齢者を狙った「投資詐欺」や「オレオレ詐欺」、「還付金詐欺」などの悪質犯罪が増加傾向にあり、1件当たりの被害金額も増加しているのが現状です。
一方、若者の被害としては、従来からのインターネット上の「ワンクリック詐欺請求」、「架空請求」に加え、スマートフォンやタブレット端末を介した個人情報の流出などさまざまな消費者トラブルが増加しています。

このような被害にあわないために、平群町ではこれまで、消費者問題に迅速かつ適切に応じられるよう、消費生活相談窓口の開設や広報誌・パンフレット等による啓発活動、出前講座や講演会などを実施し被害防止に努めてまいりました。
また、平成23年4月より生駒郡内4町で輪番体制による連携を図り、月曜から木曜まで連日相談窓口を開設することによる広域的な相談体制を拡充し、住民の安全性の向上やトラブル回避に努めてまいりました。

今後も、悪質な消費者被害を防ぐため消費者啓発に取り組み、相談業務の効率化並びに消費生活における安全性及び利便性の向上を図るとともに、住民が安心して暮らせる町づくりに一層努力してまいります。
平成31年3月1日
平群町長 西脇 洋貴