ホームくらしの情報 > 農林業

農地法第3条に基づく別段の面積(下限面積)の設定について

農地の売買、贈与、賃貸等には農地法第3条に基づく農業委員会の許可が必要ですが、許可要件の一つに農地の権利を、取得後において耕作の事業に供すべき農地の面積の合計が50アール以上とならなければ、許可することが出来ない「下限面積」という要件が定められています。
この下限面積は、地域の実情に応じ、農業委員会の判断で引き下げる(緩和)することができます。
平群町農業委員会では、平成21年12月の改正農地法の施行から、毎年この必要性について審議してきましたが、この度令和元年10月10日開催第10回農業委員会総会において、下記の通り別段の面積を設定することといたしました。

【下限面積】
地域 下限面積
平群町全域 30アール