ホームくらしの情報 > 妊婦・子育て

B型肝炎ワクチンについて

~平成28年10月1日から定期接種となりました~
B型肝炎ウイルスは、乳幼児期に感染するとキャリア(持続感染者)になる率が高く、そのうち10~15%は感染から年月を経て慢性肝炎を発症し、その後、肝硬変や肝がんを発症する可能性があるため、ワクチンによる予防が大切です。
○B型肝炎は、B型肝炎ウイルスの感染により起こる肝臓の病気です。
○B型肝炎ウイルスへの感染は、一過性の感染で終わる場合と、そのまま感染している状態が続いてしまう場合(この状態をキャリアといいます)があります。キャリアになると慢性肝炎になることがあり、そのうち一部の人では肝硬変や肝がんなど命に関わる病気を引き起こすこともあります。
○ワクチンを接種することで、身体の中にB型肝炎ウイルスへの抵抗力(免疫)ができます。
○免疫ができることで、一過性の肝炎を予防できるだけでなく、キャリアになることを予防でき、まわりへの感染も防ぐことができます。
※予防接種を受けても、お子さんの体質や体調によって免疫ができないことがあります。

対象年齢:
平成28年4月1日生まれ以降の0歳児。(標準的な接種期間は生後2ヶ月から生後1歳に至るまで。)

接種回数:
3回接種。B型肝炎ワクチンを27日以上の間隔で0.25mlずつ合計2回さらに初回接種から140日以上を経過した後に1回を皮下に注射する。(定期の予防接種が導入される前に接種を受けた方については、定期接種に規定された接種を受けた方とみなします。)

接種費用:
無料。1歳を過ぎると任意接種で費用が発生します。

持参品:
記入した予診票、母子健康手帳、健康保険証、乳幼児医療証

町内実施医療機関:
※必ず医療機関に予約をしてから受診して下さい。
  住  所(平群町) 電話番号
芝田内科クリニック 椿井734-1 46-3236
たなかクリニック 下垣内124 45-1916

町外の医療機関でも受けることができます。
広域7か町(平群町、三郷町、斑鳩町、安堵町、王寺町、上牧町、河合町)以外の医療機関に行かれる場合はプリズムへぐりでの手続きが必要になります。

予防接種を受けた後に起こるかもしれない体の変化:
○接種箇所が赤くなったり、腫れたり、しこりができたり、痛みを感じたりすることがあります。
○注射したところだけでなく、熱がでたり、刺激に反応しやすくなったりすることがあります。
○いつもより機嫌が悪かったり、ぐずったり眠そうにしたりすることがあります。
○極めてまれに、アナフィラキシー(注1)、急性散在性脳脊髄炎(注2)などの重い病気にかかることがあるといわれています。
注1「アナフィラキシー」
通常接種後約30分以内におこるひどいアレルギー反応のことです。発汗、急に顔が腫れる、全身にひどいじんましんが出るほか、吐き気、嘔吐、声が出にくい、息が苦しい等の症状に続きショック状態になるような激しい全身反応のことです。
注2「急性散在性脳脊髄炎」
自己免疫(免疫力が強すぎて自分自身の体を攻撃してしまう)という手足が動きにくいなどの症状がみられます。

関連リンク
予防接種を受ける前の一般注意事項、また予防接種を受けた後の一般的注意事項、および予防接種による健康被害救済制度については、下のリンクのページでご確認ください。
4種混合ワクチンのページ

問い合わせ プリズムへぐり(健康保険課)母子保健係 電話番号 45-8600