ホームくらしの情報 > 妊婦・子育て

水痘(水ぼうそう)

平成26年10月1日より水痘(水ぼうそう)が定期の予防接種になりました。

クエスチョンアイコン どんな病気
  水痘帯状疱疹ほうしんウイルスによって引き起こされる発疹性の病気です。空気感染、飛沫感染、接触感染により広がり、その潜伏期は感染から2週間程度と言われています。
クエスチョンアイコン 症状や経過
  発疹の発現する前から発熱が認められ、典型的な症例では、発疹は紅斑(皮膚の表面が赤くなること)から始まり、水疱、膿疱のうほう(粘液のある液体が含まれる水泡)を経て、痂皮化かひか(かさぶたになること)して治癒するとされています。
クエスチョンアイコン 重症になると・・・
  小児における重症化は、熱性痙攣、肺炎、気管支炎等の合併症によるものです。
クエスチョンアイコン 予防は?
  水痘ワクチンの1回の接種により、重症の水痘をほぼ100%予防でき、2回の接種により軽症の水痘も含めてその発症を予防できると考えられています。
クエスチョンアイコン 定期接種の対象者
 
  • 接種日において、平群町に住民登録のある児
  • 既に水痘に罹患したことがある児は、接種対象外となります。
  • 既に任意の予防接種として水痘ワクチンの接種を受けたことがある児は、既に接種した回数分の接種を受けたものとみなされますので、接種対象外となります。
  • 生後12ヶ月から生後36ヶ月に至るまでの間にある児。
    生後、12ヶ月から生後36ヶ月に至るまでの間にある方への水痘の定期の予防接種を導入した場合、社会的に水痘の流行が減少することが期待されます。そうすると、水痘への自然暴露の機会が減少することにより、罹患歴がなく、かつ、ワクチンを接種していない方については、免疫を持たないまま成人へと成長するおそれがあります。
クエスチョンアイコン 接種方法及び回数
  初回接種から3ヶ月以上の間隔をおいて、0.5mlずつ合計2回皮下に注射する。標準的な接種期間は、生後12ヶ月から生後15ヶ月に至るまでに初回接種を行い、追加接種は初回接種終了後6ヶ月から12ヶ月に至るまでの間隔をおいて1回行います。

他の予防接種との間隔
生ワクチン 右矢印 不活化ワクチン
麻疹・風疹混合・水痘 等 27日以上あける 生ワクチン
     
不活化ワクチン 右矢印 生ワクチン
四種混合 等 6日以上あける 不活化ワクチン

同時接種について
あらかじめ混合されていない2種類以上のワクチンについて、医師が必要と認めた場合には、同時に(接種部位は別々に)接種を行うことができます。接種医療機関で十分にご相談ください。

日本小児学会の同時接種に対する考え方(参考)
  • 複数のワクチンを同時に接種して、それぞれのワクチンに対する有効性について、お互いのワクチンによる干渉はありません。
  • 複数のワクチンを同時に接種して、それぞれのワクチンの有害事象、副反応の頻度が上がることはありません。
  • 同時接種において、接種できるワクチンの本数に原則制限はありません。
クエスチョンアイコン 接種費用
  無料
クエスチョンアイコン 持ち物
  予診票、母子健康手帳、健康保険証
クエスチョンアイコン 副反応
 
過敏症 接種直後から翌日に発疹、蕁麻疹、紅斑、掻痒そうよう(かゆみ)、発疹等が現れることがあります。
全身症状 発熱、発疹が見られることがあります。一過性で通常、数日中に消失するとされています。
局所症状 発赤、腫脹、硬結等が現れることがあります。

稀に報告される重い副反応としては、アナフィラキシー様症状、急性血小板紫斑病等があります。
接種医療機関等で、処置を受けた後、プリズムへぐり母子保健係(電話45-8600)まで、ご連絡ください。

関連リンク
平群町内の医療機関と診療時間は下のリンクのページでご確認ください
注射器アイコン町内医療機関のページ

予防接種を受ける前の一般的注意事項、また予防接種を受けた後の一般的注意事項、および予防接種による健康被害救済制度については、下のリンクのページでご確認ください
注射器アイコン4種混合ワクチンのページ


問い合わせ 健康保険課(プリズムへぐり) 電話番号 45-8600