ホームくらしの情報 > 妊婦・子育て

BCG(結核)接種について

平成25年4月より、BCG接種が医療機関での個別接種になりました。
生後5ヶ月~8ヶ月までに受けて下さい(予防接種が望ましい期間)。
1歳を超えると有料です。

BCGは結核を予防するための予防接種です。結核にかかる人は、かなり減少しましたが、全くないわけではありません。
乳幼児は、結核に対する抵抗力が弱いので全身性の結核症いかかったり、結核性髄膜炎になることもあり、重い後遺症を残すことになります。