ホームくらしの情報 > 妊婦・子育て

日本脳炎予防接種について

  • 日本脳炎の予防接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年度から平成21年度まで、日本脳炎の予防接種のご案内を行いませんでした。
  • その後、新たなワクチンが開発され、現在は日本脳炎の予防接種を通常通り受けられるようになっています。
  • 平成8年度から17年度に生まれた方は、日本脳炎の予防接種が不十分になっていることがあります。
  • これらのお子様に、順次接種のご案内を行っています。平成29年度のご案内は
    第2期:標準的な接種期間は9歳に達した時から10歳に達するまで(9歳から13歳未満)
    • 10歳になる平成19年4月2日から平成20年4月1日に生まれた方については2期接種(1回)
    • 12歳になる平成17年4月2日から平成18年4月1日に生まれた方については2期接種(1回)
  • 1期不足分の受け方
    第1期初回接種2回のうちこれまでに、1回接種した人:6日以上の間隔をおいて、残りの2回を接種
    第1期初回接種を2回接種した人:残りの1回を接種
    第1期初回接種を全く接種していない人:6日から28日までの間隔をおいて2回接種し、終了後概ね1年で追加接種1回
(注)ご案内の対象となっていない場合でも、平成8年4月2日から平成19年4月1日生まれで、1期・2期の接種が終わっていないお子様は、20歳未満までの間、接種を受けることができますので、流行地へ渡航する場合、蚊に刺されやすい環境にある場合等、日本脳炎に感染するおそれが高く、本人またはその保護者が特に希望する場合はプリズムまでご相談頂きますようにお願いします。

ワクチンの接種に際して疑問のある時は、プリズムにお問い合わせ頂くとともに、厚生労働省の「日本脳炎ワクチン接種に係るQ&A」をご参照下さい。

日本脳炎とは?
ヒトから直接ではなく、ブタ等の体内で増えたウイルスが蚊によって媒介されて感染します。7日から10日の潜伏期間のあと、高熱、頭痛、嘔吐、意識障害、けいれん等の症状を示す急性脳炎になります。ヒトからヒトへの感染はありません。ウイルスは北海道など一部の地域を除く日本全体に分布しています。この地域で飼育されているブタ間での流行は毎年6月頃から10月まで続きますが、この間に地域によっては、80%以上のブタが感染します。
以前は小児、学童に発生していましたが、予防接種の普及などで減少し、最近では予防接種を受けていない高齢者を中心に患者が発生しています。感染者のうち100人から1000人に1人が脳炎を発症します。脳炎のほか髄膜炎や夏かぜ様の症状で終わる人もいます。脳炎にかかった時の死亡率は約20%から40%といわれ、神経の後遺症を残す人が多くいます。発生状況は地域によって異なります。大部分が九州・沖縄地方及び中国・四国地方で発生しています。平成4年以降の報告患者は年間10名以下です。平成23年度は9名の報告がありました。また近年報告された患者の年齢は、おもに中高齢者年ですが、平成18年以降に報告された小児の患者は6名(1歳2名、3歳1名、6歳1名、7歳1名、10台1名)でした。

予防するには?
ウイルスを媒介するコガタアカイエカは日没後に活動が活発になるとされていますので、このような時間帯に戸外に出かけるときは、念のためできる限り長袖、長ズボンを身につける、露出している皮膚への虫よけ剤の使用など、ウイルスを持った蚊に刺されないよう十分な注意をすることをお勧めします。夏季の夜間の外出を控える、蚊が屋内に侵入しないように網戸を使用する、夜間の窓や戸の開閉を少なくする、蚊帳を使用する等の注意が必要です。