住民登録に関する届出

申請者及び届出人(代理人)の本人確認について
平成17年4月1日から申請者及び届出人(代理人)の本人確認を行ってまいりましたが、平成20年5月1日から住民基本台帳法や戸籍法の改正により法律上でも本人確認が義務付けられました。
近年、「なりすまし」による虚偽の申請が多数発生し、本人が知らないところで勝手に住民登録地(住所)が変更されていたり、無断で戸籍・住民票・印鑑証明等を不正取得したりする事件等が社会問題になっております。
このようなことから、住民生活課では「なりすまし」を抑制するために、申請者及び届出人(代理人)が本人であるかどうかという確認を行っております。
来庁者が本人であるという確認できる書類(本人確認書類)をご持参ください。
また、官公署が発行した顔写真入りの本人確認書類を持参されていない時は、口頭による確認を行なっておりますので、ご協力をお願いいたします。
本人確認書類 官公署が発行した本人の顔写真入りの各種免許証、許可証もしくは資格証明書、住民基本台帳カード(本人の顔写真入り)、障害者手帳等
本人確認書類に準ずる書類 保険証、年金手帳等、本人の氏名を記載してあるもの
(注)親族であっても同一世帯員以外の代理の方が申請される場合は、委任状を必ずご持参ください。

住民登録は、町内に居住する住民全てを登録し、住民の居住関係を公証する唯一のものです。

届出期間 届出地 届出人 添付書類及び注意事項


引っ越してきた日から14日以内 新住所地の
市区町村役場
本人または
世帯主
持参
するもの
転出証明書(前住所の市区町村長が発行)
印鑑
(注) 他市で婚姻届をされた直後の転入者については受理証明(婚姻届された市区町村で発行)を添付してください。


引っ越す日までに 住所地の
市区町村役場
(平群町役場)
本人または
世帯主
持参
するもの
印鑑、印鑑登録証(登録している人)


転居された日から14日以内 住所地の
市区町村役場
(平群町役場)
本人または
世帯主
持参
するもの
印鑑、印鑑登録証(登録している人)




移動(変更)のあった日から14日以内 住所地の
市区町村役場
(平群町役場)
本人または
世帯主
持参
するもの
印鑑
(注)転入・転出・転居届を出される際は、マンション、団地など共同住宅の場合、方書きの表示が必要ですのでご協力をお願いします。

異動届が終わりましたら、下記の該当される各担当課で手続きをしてください。
住民生活課、福祉課、税務課、健康保険課、都市建設課、上下水道課、教育委員会総務課