ホームくらしの情報 > 健康

たばCoら~じゅ

たばCoら~じゅ STOP TABAKO
禁煙アイコン 5月31日(日曜日)は「世界禁煙デー」 へぐりいきいきはじける笑顔
健康へぐり21
イメージキャラクター
「こぎくちゃん」
(参考)WHO世界禁煙デーのテーマ
「Stop illicit trade of tobacco products」
   
禁煙アイコン 5月31日(日曜日)~6月6日(土曜日)は「禁煙週間」
2015年度 厚生労働省禁煙週間のテーマ
「2020年、スモークフリーの国を目指して
  ~東京オリンピック・パラリンピックへ向けて~」

喫煙が健康に与える影響は大きいうえ、受動喫煙の危険性やニコチンの依存性を踏まえると、喫煙習慣は個人の嗜好にとどまらない健康問題であり、生活習慣病を予防する上で、たばこ対策は重要な課題になっています。
世界保健機関(WHO)は、昭和45年にたばこ対策に関する初めての世界保健総会会議を行い、平成元年には5月31日を「世界禁煙デー」と定め、喫煙しないことが一般的な社会習慣となることを目指した「たばこか健康かに関する活動計画」を開始しました。厚生労働省においては、平成4年から世界禁煙デーにはじまる1週間「禁煙週間」として定め、たばこ対策をすすめています。
厚生労働省において実施している「健康日本21(第二次)」やがん対策推進基本計画の目標でもある「未成年者の喫煙をなくす」ためには、喫煙による健康影響を認識させることが重要であり、また、「たばこの規制に関する世界保健機関枠組み条約」に基づく第2回締約国会議において、「たばこの煙にさらされることから保護に関するガイドライン」が採択され、我が国においても、平成22年2月に、基本的な方向性として、公共の場は原則として全面禁煙であるべき等を記した通知がだされ平成24年度においては、受動喫煙防止対策の徹底について通知が出されました。
今年度は、たばこを減らすことで命を守ることを目的として、「2020年、スモークフリーの国を目指して~東京オリンピック・パラリンピックへ向けて~」を禁煙週間のテーマとし、禁煙及び受動喫煙防止の普及啓発を積極的に行っていきます。


禁煙アイコン
平群町の取り組み
毎月第1金曜日は「平群町禁煙デー!」
たばこ対策推進委員イメージ平群町においては、第2次として平成25年度から新たな「健康へぐり21」がスタートしました。「健康へぐり21」において、毎月第1金曜日「平群町禁煙デー」と定め「吸う人も吸わない人もたばこと健康を考えて!」をスローガンにたばこのない地域づくりをめざして啓発に努めています。

禁煙週間 6月5日(金)の取り組み
●7:30~8:00  3駅前で啓発活動
平群駅、元山駅、東山駅でチラシを配布して啓発活動を行います。

●9:00~10:00 たばこ対策推進員を中心に町内で街頭宣伝
啓発を強化する為、『平群町禁煙デー』にあわせ、たばこ対策推進員が作成した『禁煙デーソング』を流しながら街頭宣伝しています。

●10:00~11:30 吸殻収集をかねたウォーキング
10時にプリズムへぐりに集合して吸殻収集を行っています。
ご一緒に参加してみませんか?

禁煙デーソング を町内で街宣しています!

<ソングができた経緯>
たばこ啓発の活動をしている中で、テーマソングがあったら周知しやすいのでは推進員の中からも意見がでたこともあり、作ることになりました。なかなか歌詞の案がでてこなくて大変苦労しましたが、しぼりだした歌詞を会員で話し合いながら組み合わせてつくりあげました。曲についても試行錯誤のうえ何とか作り上げ、小学校の生徒にお願いして歌ってもらい録音し、完成しました。

★街頭宣伝では、たばこ対策推進員による啓発文も流しています。
「こちらは平群町です。毎月第1金曜日は平群町禁煙デーです。あなたの、そして、あなたの大切な人の健康を守りましょう。」