ホームくらしの情報 > 健康

歯・は・は・の広場

噛む(咀嚼と咬合) ~かむということかめるということ~

あなたも歯磨きでインフルエンザ予防!?

『口腔内科(こうくうないか)』って知っていますか?

歯の知覚過敏の落とし穴

宇宙で歯磨きすると

隣接面う蝕

歯を一生懸命に磨いているのに次々むし歯になるのはなぜですか?


『噛む(咀嚼と咬合)』 ~かむということかめるということ~

かむことと力の発揮との間には深い関係がある。
東京医科大准教授でスポーツ歯学が専門の武田友孝さんによるとかむと大脳皮質の運動野が活性化され、全身の関節周辺の筋肉が働き体が固定される。「動物がエサを食べる時、体がぐらつかないように進化した」と解説する。
かみしめ効果が大きいのは、重量挙げのように、体を固めて力を出す動きだ。逆に100メートル走などは、かめば逆効果になる。
ただし、早い運動でも、体操の着地やサッカーのヘディング、ボクサーがパンチを当てた時など、瞬間的にかむことは多い。
ボクシングやラグビーの選手が使うマウスピースは樹脂製で軟らかく、歯と歯でかむよりも強い力でかめる。その為首回りが固定されてけがを防ぐ他、より大きな力を発揮できる。
高齢者の転倒予防にも、かむ効果は生かせる。
広島大のグループが、自立歩行できる認知高齢者146人の転倒頻度とかみ合わせの関係を調べたところ、年2回以上転倒したグループでは、奥歯を失い、かめない人が66%いたが、転倒は1回以下のグループでは、22%と少なかった。奥歯がない人でも入れ歯でかめるようにすると転倒は減った。

『噛む(咀嚼と咬合)』 ~かむということかめるということ~図

日本歯科大病院口腔介護リハビリセンター長の菊谷武さんは、「かみ合わせが戻れば転倒しそうになった時にふんばりが利き、バランスが保てる。高齢者の自立支援には、口腔機能の改善が欠かせない」と話している。
健康情報があふれる中、「かむ」という基本動作の重要性を見直したい。

『あなたも歯磨きでインフルエンザ予防!?』
ちまたでは、メキシコを発端とした豚インフルエンザから変異した新型インフルエンザの流行が懸念されています。少しさかのぼりますが、2~3年前にはアジア南部で鳥インフルエンザの人への感染が確認され、昨年はハワイでもインフルエンザが流行し、もはや冬の寒い時期の病気とは言えなくなってきています。また、交通網の発展により、短時間で地球規模の広がりをみせつつあります。
新型インフルエンザが発生するたびにワクチンが開発されるのですが、6ヶ月程度の作成期間がかかりますし、今後も、新たな型のインフルエンザウィルスが出てくることは間違いありません。予防としては、まめな手洗い、うがい、外出時のマスク着用は言うまでもないでしょう。
ご存知の方もおられるかと思いますが、今年2月、某テレビ局の情報番組で、『歯磨き指導でインフルエンザ発症が10分の1に激減!』という内容が放映されました。世間では『そんな話は聞いたことがない。』という歯科医、感染症医、歯科衛生士がほとんどだったため、真偽について一悶着あったようです。インフルエンザウィルスは気道の粘膜に付いて増殖しますが、粘膜にはタンパク質のバリアみたいなものがあって、ウィルスが簡単にくっつけないようになっています。お口の中の細菌が出す酵素は、このバリアを破壊してしまいますので、ウィルスがくっつく手助けをしている訳です。すなわち、お口の中を清潔にして、このバリアを維持しておけば、インフルエンザに感染しにくくなる訳です。
この調査は高齢者施設を対象にしたものであり、また調査人数が少ないのでさらに検証される必要がありますが、信頼性は高そうです。今後、様々な年齢層での大規模調査が行われることでしょう。そう言えば、我が家ではここ10年以上ワクチンを接種していないにもかかわらず、誰もインフルエンザなっていません。たまたまでしょうか!?

『口腔内科(こうくうないか)』って知っていますか?
歯科で原則的に標榜が認められている科は一般歯科、歯科口腔外科、小児歯科、矯正歯科の4科のみです。でも皆さん疑問に思いませんか。『医科では、外科と内科があるのに歯科にはなぜないのか。』実は、口腔内科(こうくうないか)という科が歯科医学の一分野としてあるのです。ではどんな分野の科であるかというと口腔に症状をおよぼす全身性の疾患や口腔内に関連したあらゆる疾患を診断し、医科的知識に基づく評価の後、薬物療法、理学療法、運動療法などの内科的アプローチを行い、外科的なアプローチとは異なる方法で口腔疾患の治療を行なっている診療科です。具体的な対象の疾患としては、アフタ性口内炎・口唇ヘルペス・白板症・扁平苔癬・口腔カンジダ・帯状疱疹などの口腔粘膜疾患、唾石症や唾液腺炎などの唾液腺疾患、顎関節症などの顎関節疾患、三叉神経痛や顔面神経痛などの口腔顔面領域の神経疾患、その他、口腔乾燥症、口臭、味覚障害、舌痛症・自臭症などの口腔心身症、摂食嚥下障害などがあげられます。以上のように口腔内科は広範にわたるため、口腔内科を担当する歯科医師には口腔内に発生する多様な疾患の診断・鑑別を行う能力と経験が要求され、関連医科・検査施設との密接な連携の上での診療システムが必要となります。最後にどこに行けば口腔内科治療が受けられるのかについてですが、大学病院の口腔外科や総合病院の歯科口腔外科はまず対応可能です。一般の開業医でも歯科口腔外科を標榜している場合には対応が可能であると思いますが、対象の疾患で気になる場合には歯科口腔外科がなくても一度かかりつけの歯科医院で相談してみてください。紹介してもらえる場合もあります。

歯の知覚過敏の落とし穴
最近、TVなどでよく知覚過敏用の歯磨剤CMが流れていますよね?
いわゆる冷たいもの、熱いものを飲食すると歯がしみるというのに効くアレです。
確かに、知覚過敏には有効なアイテムですし、実際ホームケア用として奨めている歯科医も多いです。ただし、あくまで知覚過敏症として診断された場合の話です。
冷温刺激痛雄=知覚過敏ではない方が圧倒的に多いのが実際です。全く効果がなければ歯科医院を受診することをお勧めします。大きな虫歯が見つかったり、(歯茎寄りの虫歯は気付きにくい)歯周病が進んでいるのが分かったりします。(歯茎が痩せて歯の根っこの部分が露出するとそこもしみます)
知覚過敏は歯周病、虫歯と絡んでいるケースが多いので、是非確定診断をしましょう。その上で、正しくアイテムを利用しましょう。

宇宙で歯磨きすると
虫歯予防に大切なのは、歯磨きです。特に寝る前の歯磨きは重要です。歯磨きをする場所ですが、洗面所の前が多いと思いますが、最近では、お風呂の中で湯船につかりながら、時間をかけて歯磨きをされる方もおられます。
今、野口宇宙飛行士がISS(国際宇宙ステーション)に長期滞在し研究をしておられます。宇宙における最大の楽しみの一つは、なんと言っても食事の時間だそうです。一緒に食事(宇宙食)をしながらの歓談となるそうです。
食事が終われば、地上と同じくISS(国際宇宙ステーション)の中でも歯を磨きます。ところが、宇宙では地上と比べて、歯がみがきにくいらしいのです。

宇宙では、どうやって歯磨きをしているのでしょうか?地上では簡単なことでも、宇宙空間では、考えられないほど難しいことがたくさんあるそうです。歯磨きもそのひとつで、歯磨きを始めると体が回転しだすらしいです。そうなると落ち着いてみがいてられません。というのも、宇宙空間では無重量状態になるために、歯ブラシを動かすと体も回ってしまうのです。ちょうどボートに乗って、ほかのボートを押すと自分も動くのと同じ現象です。そのために、宇宙飛行士自身が動かないように体を固定しなければいけないのです。
ほかにも難しいことがあって、歯磨きの後、上を向いてうがいができない。いったい何故なのか?もし、無重量状態で"ガラッ"とうがいをすれば、その瞬間に水が飛び散ってしまい、無重量状態なので表面張力により水滴がまるくなったまま浮遊し、あたり一面に漂い続けます。もしその水滴が機械の間に入ればショートし誤作動の原因になり、無事に帰還できないかもしれません。また浮遊している水滴が、鼻から肺に入ればおぼれてしまう可能性もあります。
歯磨きするのも、「命がけ」というわけです。

だから宇宙飛行士は、口を閉じて水分をもらさないように磨かなければいけない。水を吐き出せないから、磨いた後そのまま飲み込んでもよい歯磨き剤が利用されていますが。実際は、ティッシュペーパーに吸わせてから捨てているそうです。

地球にいる私たちは、宇宙にいる人と比べるとなんて楽に歯磨きができるのでしょうか。
歯ブラシ磨いた後、届かないところは、歯間ブラシ、フロス等を使うことぐらい簡単なことに思えます。
「虫歯は夜つくられる」の言葉を忘れずに、寝る前の歯磨きをしっかりとしましょう。

隣接面う蝕
学校の歯科検診が終わりました。結果はいかがでしたか? "むし歯なし"となっていて一安心したのはつかの間、"歯肉の炎症って何?"なんて思いながら歯科医院を受診すると"むし歯もあります"といわれた、そういう経験をされた方もいらっしゃると思います。なぜ検診で虫歯がないといわれた直後に歯科医院で虫歯が見つかるのでしょうか。それは学校などの検診ではエックス線検査がないからです。学校などの検診では目で見る検査(視診)と探針とよばれる針で触る検査(触診)のみなので、歯と歯が接するところ(隣接面といいます)のう蝕はわかりにくいのです。エックス線検査も万能ではありませんが、目で見てわかりにくい部分の診断に大変有効であるのは事実です。毎日仕上げ磨きしているお母さんが見てむし歯とわかるものはかなり進行しているものです。また、歯科医師が視てむし歯とわかるものは、間違いなくむし歯です。歯科医師が視て"隣接面のむし歯かな?"と思い、エックス線検査で確認して"むし歯です"といわれたら間違いなくむし歯と思ってもらって結構です。しかし、隣接面のむし歯で歯科医が視診で迷うものはお母さんにはお口の中を覗いて確認してもらっても"???どれ?"となるものです。お母さんの顔色を伺いながら、"これなんですが・・・。"と指し示したとき、よくわからなくても"ああーっ・・・。"といってもらっているのかな?と感じる場合もありますが、そういってもらえると"処置しようかな"と思います。"???どれ?ええーっ うちの子むし歯あんの?"という感じになってくると歯科医としても処置しづらいものです。そこで、"レントゲン的にはむし歯があるのですが、もう少し様子をみますか?"ときくと、お母さんが"はい・・・。"こちらとしては、"ほんまに?"と思われながらの治療はいやなので、実際にこういうやり取りは時折あります。そして後になってお母さんから"むし歯があるみたい"と連絡をもらったときはかなり進行している・・・。これは歯科医の"あるある"だと思います。

歯を一生懸命に磨いているのに次々むし歯になるのはなぜですか?
歯磨きはむし歯を予防するのには欠かせないものですが、むし歯も病気と考えていただければよいと思います。すなわち、むし歯になりやすい体質、なりにくい体質があると言うことです。体質とはお子様のお口の中にいるむし歯菌の活動が活発かどうか、また良質のだ液がたくさんでているかということ、あるいは生えてきた歯がもともと丈夫であったかどうかということです。歯磨きを十分にしていてもむし歯になるお子様には次のことに気をつけてあげてください。
正しく磨けているでしょうか?
歯の真ん中だけでなく、歯ぐきとの境目や咬み合わせの溝の中などすみずみまで磨くよう心がけてください。また、就寝前の歯磨きは絶対必要です。
フロス(糸ようじ)を使っていますか?
歯と歯の隙間の汚れはフロスを使わないと取れません。小さいお子様は使うのが難しいので、保護者の方がしてあげてください。
フッ素を利用していますか?
フッ素は歯質を強化し、むし歯菌の酸をつくる作用をおさえる働きがあります。
むし歯予防のために塗るフッ素は体にはまったく無害ですので心配ありません。歯が生え始めたらすぐ塗るのが効果的です。定期検診に来ていただいているお子様なら当院で検診や治療のたびにぬらさせて頂いております。
甘いものを多く食べていませんか?
お子様が自分で勝手に食べていませんか。幼児期はお母さんが食べる量を管理するようにしてあげてください。
だらだら食べていませんか?
あまり甘くない食べ物でも、だらだら食べ続けることはよくありません。テレビを見ながら、遊びながらスナック菓子を食べ続けていると危険です。

これらのことに該当しないのに「なぜかむし歯がいっぱいできる。」というお子様は上で述べました"体質"が関係している可能性が高いと判断されます。

★☆ お口の健康クイズ ☆★
Q1.乳歯はむし歯になっても進行しにくい?
A1. × 乳歯は永久歯に比べて歯の一番硬いエナメル質がうすく、永久歯より虫歯の進行は早いのです。気付かないうちにひどくなっている場合があるので、保護者の方が気をつけて歯磨きのチェックをしてあげることが大切です。

Q2.むし歯でも元どおりになることがありますか?
A2. ◎ ごく初期のむし歯は再石灰化して健全な状態になることがあります。しかし歯に穴が開いているのが確認できるようなら虫歯は自然には治りません。回復可能な初期のむし歯かどうかは歯科医院で検査しないと判断できません。

Q3.大人の(永久歯)のむし歯は減っているのか?
A3. × こどもの歯(乳歯)のむし歯は年々減少傾向にありますが、大人の歯(永久歯)のむし歯は残念ながら減っていません。歯周病などにより歯ぐきが下がった部分の虫歯や一度治った歯に再びできるむし歯の比率が高くなっています。とくに12歳未満(学童期)に永久歯がむし歯になると将来の再発率が格段に高くなります。


問い合わせ  健康保険課(プリズムへぐり) TEL0745-45-8600