児童扶養手当法施行令に規定する所得要件

  • 所得制限基準額(表の所得額未満のかたが助成対象となります)
    (注)1月から7月診療分は、前々年中所得、8月から12月は前年中所得により審査します。
    税法上の扶養親族の数 ひとり親家庭の
    父または母等の所得制限
    (1)
    扶養義務者等の所得制限
    (2)
    0人 1,920,000円 2,360,000円
    1人 2,300,000円 2,740,000円
    2人 2,680,000円 3,120,000円
    3人 3,060,000円 3,500,000円
    4人 3,440,000円 3,880,000円
    5人 3,820,000円 4,260,000円

    (注)(1)に、所得税法に規定する以下の扶養親族がいる場合は、表の所得額に次の金額を加算した金額が制限額となります。
    • 老人控除対象配偶者または老人扶養親族(70歳以上)
      • 1人につき10万円
    • 特定扶養親族(19歳以上23歳未満)、控除対象扶養親族(16歳以上19歳未満)
      • 1人につき15万円
    (注)(2)に、所得税法に規定する以下の扶養親族がいる場合は、表の所得額に次の金額を加算した金額が制限額となります。
    • 老人扶養親族(70歳以上)
      • 1人につき6万円
    (注)受給資格認定後に所得状況の修正があった場合、随時資格の再審査をおこないます。
    再審査後、所得要件を満たさなくなった場合は、認定時に遡って資格取消・助成金の返還請求をおこないます。所得状況に修正があった場合はお早目にご連絡ください。

問い合わせ 福祉課 電話番号 45-5872