ホームくらしの情報福祉・介護 > 障がい福祉

障害者手当・年金

特別障害者手当
身体
知的
精神

20歳以上の在宅重度重複障害者で、日常生活において常時特別の介護を必要とするかたに支給される手当です。
【月額】26,260円 【支給月】2月、5月、8月、11月
(注)ただし所得が一定以上あるかた、施設に入所しているかた、入院中のかたは受けることができません。

手続き (手続きに必要な所定の申請書などは福祉課窓口にあります。)
<新規申請>
  • 特別障害者手当認定請求書
  • 特別障害者手当所得状況届
  • 特別障害者手当認定診断書
  • 口座振替申出書
  • 障害者手帳等
  • 年金証書等

<住所・氏名・支払口座等変更>
  • 障害児福祉手当・特別障害者手当 氏名住所変更届

<資格喪失>
  • 施設入所・長期入院・障害の程度が該当しなくなった等の理由で資格がなくなった場合
    • 障害児福祉手当・特別障害者手当 資格喪失届
  • 受給者の死亡により資格がなくなった場合
    • 障害児福祉手当・特別障害者手当 受給者死亡届
    • 未支払請求書
    • 口座振替申出書
    • 除票

障害児福祉手当
身体
知的
精神

20歳未満の在宅重度障害者(児)で日常生活において常時介護を必要とするかたに支給される手当です。
【月額】14,280円 【支給月】2月、5月、8月、11月
(注)ただし所得が一定以上あるかた、施設に入所しているかた、障害を理由とする公的年金受給者は受けることができません。

手続き (手続きに必要な所定の申請書などは福祉課窓口にあります。)
<新規申請>
  • 障害児福祉手当認定請求書
  • 障害児福祉手当所得状況届
  • 障害児福祉手当認定診断書
  • 口座振替申出書
  • 障害者手帳等
  • 特別児童扶養手当証書等

<住所・氏名・支払口座等変更>
  • 障害児福祉手当・特別障害者手当 氏名住所変更届

<資格喪失>
  • 施設入所・障害の程度が該当しなくなった等の理由で資格がなくなった場合
    • 障害児福祉手当・特別障害者手当 資格喪失届
  • 受給者の死亡により資格がなくなった場合
    • 障害児福祉手当・特別障害者手当 受給者死亡届
    • 未支払請求書
    • 口座振替申出書
    • 除票

特別児童扶養手当
身体
知的

20歳未満の、身体または精神に重度又は中度以上の障害のある児童を監護している父母(主として児童の生計を維持するいずれか一人)あるいは父母にかわってその児童を養育する(児童と同居し、監護し、生計を維持する)かた。
  • 概ね身体障害者手帳1級から3級及び4級の一部
  • 概ね療育手帳A及びBの一部
  • その他1、2と同程度の障害と認められるかた
【月額】1級 50,400円、2級 33,570円
【支給月】4月、8月、12月
(注)ただし所得が一定以上あるかた、施設に入所しているかた、障害を理由とする公的年金受給者などは受けることができません。
子どもに関する手当一覧

障害基礎年金(国民年金)
身体
知的
精神

原則として以下の1から3の場合に障害基礎年金の支給申請ができます。
  • 国民年金の加入期間中(20歳から60歳)に、初診日がある病気やけがで、法令に定められた障害等級表(1級、2級)による障害の状態にある間は、障害基礎年金の支給申請ができます。
  • 60歳以上65歳未満のかたで、老齢基礎年金を繰り上げ受給されていないかたで、法令に定められた障害等級表(1級、2級)による障害の状態にある間は支給申請できます。
  • 20歳に達する前に初診日がある病気やけがで障害等級表(1級、2級)による障害の状態にある間は、支給申請できます。
ただし、1と2は国民年金保険料の一定の納付要件がありますが、所得制限はありません。
(3は、納付要件はありませんが、所得制限はあります。)
(注)詳しくは管轄の社会保険事務所か、平群町役場健康保険課にお問い合わせください。
(注)身体障害者手帳の等級認定と年金の等級認定は異なります。

障害基礎年金の支給額
【年額】1級 986,100円、2級 788,900円
【月額】1級 82,175円、2級 65,741円
【支給月】2月、4月、6月、8月、10月、12月

国民年金について

障害者扶養共済制度
身体
知的
精神

障害のあるかたを扶養している保護者が、自らの生存中に毎月一定の掛金を納めることにより、保護者に万一のことがあったとき障害のあるかたに終身一定額の年金を支給する制度です。
<加入要件>
  • 保護者の要件
    障害のあるかたを現に扶養している保護者(父母、配偶者、兄弟姉妹、祖父母、その他の親族等)であって、次のすべての要件を満たしているかた。
    • 奈良県に住所があること。
    • 加入時の年度(4月1日から翌年3月31日まで)の4月1日時点の年齢が、満65歳未満であること。
    • 特別の疾病または障害がなく、生命保険契約の対象となる健康状態であること。(健康状態によっては、加入できない場合があります。)
    • 障害のあるかた1人に対して、加入できる保護者は1人であること。
  • 障害のある方の範囲
    次のいずれかに該当する障害のあるかたで、将来独立自活することが困難であると認められるかた。(年齢は問いません。)
    • 知的障害
    • 身体障害者手帳を所持し、その等級が1級から3級までに該当する障害
    • 精神または身体に永続的な障害のあるかた(精神病、脳性麻痺、進行性筋萎縮症、自閉症、血友病など)で、その障害の程度が1または2の者と同程度と認められるかた

手続き (手続きに必要な所定の申請書などは福祉課窓口にあります。)
  • 加入等申込書
  • 住民票の写し(申込者および障害のあるかたそれぞれに必要。)
  • 申込者(被保険者)告知書
  • 障害のあるかたの障害の種類および程度を証明する書類(身体障害者手帳・療育手帳・年金証書等)
  • 年金管理者指定届書(障害のあるかたが年金を管理することが困難なとき。)

問い合わせ 福祉課 電話番号 45-5872