ホームくらしの情報福祉・介護 > 介護保険

交通事故等が原因で介護が必要になった場合は(第三者求償)

交通事故等が原因で介護が必要になった
場合は・・・(第三者行為求償)

  • 交通事故等が原因で介護保険サービスを利用する場合
    介護保険サービスを利用する際には、サービス費用のうち、原則1割から3割を利用者が負担し、残りの9割から7割を町が負担します。しかし、交通事故等の第三者行為が原因で要介護状態になったり、重度化して介護保険サービスが必要となった場合、その費用は加害者である第三者が負担すべきものになります。
    この場合の介護保険サービス費の保険給付相当額は、町が一時的に立て替え、あとで加害者に請求することになります。
    そのため、交通事故等が原因で介護保険サービスが必要となった場合、被保険者からの届出が必要となります。
  • 第三者行為求償の手続き
    被保険者の方は第三者求償に該当する可能性が生じた場合、町へ届出が必要です。まずは、介護保険係にご相談ください。
    必要書類が提出された後、平群町は奈良県国民健康保険団体連合会へ求償事務を委託し、求償手続きを進めます。

問い合わせ 福祉課 高齢・介護保険係 電話番号 0745-45-5872