ホームくらしの情報福祉・介護 > 児童福祉

児童手当

児童手当で寡婦(夫)控除のみなし適用が始まりました。
平成30年度から児童手当法施行令の改正に伴い、未婚のひとり親に対する寡婦(夫)控除のみなし適用が始まりました。手当の所得判定において、未婚のひとり親家庭の母または父を対象に、寡婦控除または寡夫控除のみなし適用を実施します。ただし、前年所得が622万円以下の場合には、手当額に影響がありません。
未婚のひとり親の方で、現在特例給付(1ヶ月5,000円の支給)に該当されている方はお問い合わせください。

児童手当とは
次代の社会を担う児童の健全な育成、資質向上を目的として、児童を養育する人に支給される手当です。

【1】受給できる方
15歳に達する日以後の最初の3月31日(中学校修了)までの児童を養育しており、平群町に住民登録のある方
(注)公務員の方は勤務先で申請して下さい。退職後は切り替え手続きを行ってください。

【2】手続き
手当は請求した月の翌月分からの支給となります。
なお、お子様が出生された場合、町外から転入された場合は下記の申請期日までに手続きが必要です。
  • 転出予定日や出生日の属する月のうち
  • 転出予定日や出生日の翌日から15日以内


(必要なもの)
  • 印鑑(認印で可)
  • 請求者及び配偶者の個人番号カード又は通知カード
    通知カードの場合は、請求者の身分証明書類(運転免許証等)が必要。
  • 請求者の健康保険被保険者証の写し
    (注)請求者が被用者(会社員等)の場合
  • 請求者名義の通帳又はキャッシュカードの写し
  • 別居監護申立書(別居の児童を養育している場合のみ)
    (注)児童が町外に別居している場合は、児童を含む世帯全員の住民票(本籍・続柄記載のもの)及び別居している児童の個人番号カード又は通知カードが必要。
  • 委任状及び代理人の身分証明書類(請求者以外の方が認定請求を行う場合のみ)
上記以外に、状況に応じて必要な書類がある場合は窓口でご案内します。

【3】月額(平成28年1月1日現在)
(1)児童手当
対象児童 月額
0歳から3歳未満(一律) 15,000円
3歳以上小学校終了前(第1子・第2子) 10,000円
3歳以上小学校終了前(第3子以降) 15,000円
中学生(一律) 10,000円

(2)特例給付(所得制限超の世帯)
対象児童 月額
全対象児童(一律) 5,000円

【4】支払方法
支払いは年3回、請求者の指定した金融機関の口座へ振り込まれます。
支払期月 6月 10月 2月
支払対象月 2月分から5月分 6月分から9月分 10月から1月分

【5】その他
受給者及び対象児童の状況に変更があった場合、手続きが必要になります。

  • 支給対象児童が増えた場合
    額改定認定請求が必要です。
    (必要なもの)
    • 印鑑(認印で可)
  • 本町から転出する場合
    支給事由消滅届が必要です。
    (必要なもの)
    • 印鑑(認印で可)
  • 対象児童が死亡した場合
    支給事由消滅届または額改定届が必要です。
    (必要なもの)
    • 印鑑(認印で可)

【様式ダウンロード】
認定請求書(PDF:146キロバイト)
認定請求書【記入例】(PDF:197キロバイト)
額改定届(PDF:117キロバイト)
額改定届【記入例】(PDF:133キロバイト)
氏名住所等変更届(PDF:124キロバイト)
氏名住所等変更届【記入例】(PDF:89キロバイト)
受給事由消滅届(PDF:102キロバイト)
受給事由消滅届【記入例】(PDF:111キロバイト)
現況届(PDF:130キロバイト)
現況届【記入例】(PDF:176キロバイト)
別居監護申立書(PDF:73キロバイト)
別居監護申立書【記入例】(PDF:110キロバイト)

問い合わせ 福祉課 電話番号 45-5872