ホームくらしの情報 > ペット・動物・害虫

セアカゴケグモにご注意!

平群町においても生息が確認されています。

セアカゴケグモとは・・・
●成体のメスは体長15mmぐらいで、脚を広げると30mm程度になる。身体は黒色で、腹部背面によく目立つ赤色の模様がある。腹部下面に「砂時計」の形をした薄赤色の斑紋があり、これがゴケグモ属の特徴である。成熟すると黒色から茶色がかり、赤い模様も薄くなる。
●オスの体長は、3~5mmくらいである。褐色がかり腹部背面には白い斑紋がある。成熟すると、頭部から出ている触肢の先が丸く膨らんでくる。
●未成熟のクモは、メスはオスと似ているが、成長するにつれ腹部背面にある白い模様が赤くなってくる。
●攻撃性はなく、驚かされると死んだふりをするなどおとなしい性質なので、素手で捕まえようとしない限り、咬まれることはほとんどありません。
セアカゴケグモ写真

生息場所
巣を作り、繁殖するために日当たりがよく暖かい場所。適当な隙間がある場所を好みます。
(例) ・側溝の内部や、その網蓋の隙間。
    ・フェンスの基礎部。
    ・花壇のブロックの内側。
    ・自動販売機やエアコン室外機等の機器と壁との隙間。

駆除方法
発見した場合はクモに直接、市販されている殺虫剤を噴霧すれば駆除できます。
なお、卵のうは踏みつぶして下さい。
※発見しても、素手で捕まえたり、触ったりしないで下さい。

咬まれた時の処置
毒の主な症状は痛みです。他に発汗、発熱、発疹が起こる場合があります。全身症状を示す人はごく稀ですが、万一咬まれたら余分の毒を温水や石鹸水で洗い落とし、できるだけ早く医療機関で診察を受けてください。

問い合わせ  住民生活課 TEL0745-45-1439