ホームくらしの情報 > 防災

非常時持ち出し品チェックリスト

◆一次持ち出し品
非常持ち出し品の準備
非常持ち出し品の準備イメージ
準備のできたものから、表の右の空欄に印をつけましょう。あまり欲張りすぎず、重さは男性で10kg、女性で5kgを目安に準備しましょう。
貴重品類
公衆電話用に10円玉、テレフォンカード等用意しましょう。通帳などは、少なくとも番号を控えたメモをあらかじめ用意しておきます。
現金、10円玉、テレフォンカード  
貯金通帳、カード類  
健康保険証、証書類  
免許証、身分証明書  
家や車のキー  
避難用具
ラジオは小型で軽く、FMとAMの両方聞けるもの、照明器具はなるべく1人に一つ用意。
携帯ラジオ  
懐中電灯、ろうそく  
予備電池  
ヘルメット  
軍手  
救急用具
救急用具イメージ
傷薬  
ばんそうこう  
包帯  
脱脂綿  
風邪薬  
常備薬  
胃腸薬  
非常食料・食器
避難時に持出せる最小限の量で、調理しなくても食べられるものを用意しましょう。
乾パン  
ミネラルウォーター  
缶詰  
組食器、缶切りなど  
衣類
衣類は不燃材や綿製品のものがよいでしょう。
下着類  
防寒着  
雨具  
タオル、ハンカチ  
生活用品 生活用品イメージ 万能ナイフ  
マッチ、ライター  
ガムテープ  
ティッシュ  
洗面用具  
裁縫道具  
その他 その他イメージ 生理用品  
介護用品  
赤ちゃん用品  

◆一次持ち出し品
災害復旧までの数日間を自足できるように準備しておくものです。
最低でも家族1人当たり3日分、できれば5日分を用意しましょう。

■飲料水
大人1人当たり1日3リットルが必要最低量。家族全員分ポリタンクなどに溜めておき、沸かしてから飲みましょう。この他、炊事・洗濯・トイレなどに使う生活用水の確保も忘れずに。

■食料品
そのままで、または簡単な調理で食べられる物。缶詰め、レトルト食品、カップラーメン、切りもちなど、調味料も用意しておきましょう。

■燃料・その他
短期間なら卓上コンロや固形燃料で充分ですが、冬期は暖房用の燃料が必要です。その他、ビニール袋、新聞紙、キッチン用ラップなどもあると便利です。