ホーム文化・観光 > 文化財

町指定 光明寺(こうみょうじ)(寺脇)五輪塔群

光明寺五輪塔群写真1
区 分 町指定/彫 刻
員 数 19基
所 有 【個 人】
指 定 昭和59年 9月
時 代 鎌倉~室町時代
その他 光明寺跡
光明寺五輪塔群写真2  
 檪原に所在した律宗寺院の光明寺跡に立てられていた五輪塔群。現在、寺跡の南東のはずれに19基の五輪塔が並んでまとめられている。
 中央の大型五輪塔は、平群町最大で、高さ2.5m、笠幅72cm、地輪幅74cm。
 この大型五輪塔は個人の墓石ではなく、寺か墓地を代表する向塔として立てられたものと考えられている。銘文はないが、形態から鎌倉末頃の作とみられている。
 左右に並ぶ五輪塔群はやや後の室町期のもので、多少の差はあるが高さ137cm、笠幅47cm、地輪幅39.5cm程度である。
 これらは光明寺の関係者や南東400mに所在した椿木城(在地の椿木氏が拠点としていた)に関係する武将等の墓塔と推測されている。
文化財